100Tiに0磁場コイルと二股で使用できますか。


弱くはなりますが使用できます。

二股用ケーブルは以下をご参考にご用意ください
https://www.amazon.co.jp/dp/B000LPSV0A/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_L3g-Db06J9SD4?th=1
https://www.amazon.co.jp/dp/B0040YT5RQ/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_-Rg-DbXWVY1N2

上記にてご返答したおりましたが、
以下へ修正させていただきます。

100のゼロ磁場コイルとミカヅチでは、
ゼロ磁場コイルの方に信号が流れやすいため、
ミカヅチ側の電気信号が弱くなり
プラズマが発生しなくなるおそれがありますので
二股での使用は推奨できません。

二股使用に関しましては、
ミカヅチに十分に安定した信号を流すことのできるような
接続方法の検証を進めておりますので、
そのような接続方法が確立された時点で告知させて頂きます。

関連記事

  1. Nigiを接続した場合は、Nigiからの発信はどう機能しますか?

  2. 100Tiと御雷の出力機能は、どの程度違うのでしょうか?

  3. 100Tiと御雷を接続して使う場合のメリットがあるとすれば何でしょうか?

  4. メビウスアンパイアと御雷の繋ぎ方及び外部出力の設定が分からないのですが

  5. 御雷による鎮魂で期待されるメリットは何かありますか?

  6. 御雷を単体で使う場合、Mシステムを使って本器の構文入替はできますか?