現在、BETTENでMシステムを使用しています。BETTENで使用している構文をHoloにも入れて発信することができますか?
その場合、BETTENも併用する利点などはありますか?

アップデート後は、Mシステムと同期しますので、現在BETTENなどでご利用いただいている構文をHoloからも発信できます。 BETTENは、ゼロ磁場コイルの形状や出力の違い、外部出力インターフェースが付属するなど独自スペックを有しています。
また、HoloとBETTENの両方で発信することで、出力が単純に加算されます。
ネットワーク型のロゴストロン機器ということで、連動することでより強力な発信が可能です。
特性の違う2台の装置を、同時に使ったり、あるいは停止させたりと、いろいろな使い方をお試しいただき、意識進化にご利用いただければ幸いです。

関連記事

  1. ●本体が熱くなる

  2. 「付近のデバイスの検出が許可されていません。」というメッセージが表示される

  3. 「予期せぬエラーが発生しました。」というメッセージが表示される(ホーム画面)

  4. 「Holoとの接続が切れました。」というメッセージが表示される(ホーム画面)

  5. ●ユーザー構文(netenにて提供している構文)の書き換えはできるのでしょうか。

  6. 「予期せぬエラーが発生しました。」というメッセージが表示される(設定画面)