100Tiと御雷の出力機能は、どの程度違うのでしょうか?


100Tiはゼロ磁場コイルであり、
御雷はプラズマコイルという技術になります。

設計の根本が違いますので、単純に比較ができないところがあります。

プラズマコイルは高エネルギーを放射します。
ゼロ磁場コイルは、実験においても電磁的な放射が
観測されますが プラズマコイルにくらべると
観測される程度は小さいものになっています。

(これは、根本の設計が異なっておりますので  出力の大小によって効果の違いがある、といったものではありません。)

関連記事

  1. 御雷による鎮魂で期待されるメリットは何かありますか?

  2. 御雷を単体で使う場合、Mシステムを使って本器の構文入替はできますか?

  3. 100Tiと御雷を接続して使う場合のメリットがあるとすれば何でしょうか?

  4. 100Tiに0磁場コイルと二股で使用できますか。

  5. 点灯しない

  6. BETTEN、100Ti、CFB、Ampireを接続した場合、本体(ゼロ磁場コイル)からの発信はどう機能しますか?