海外で使用したいのですが、海外に持ち出すときの注意点などはありますか?

Holoは、日本においては、電波法が適用となります。
海外に持ち出す場合には、電波法と同様な法律にお気をつけください。
例えば、ヨーロッパの場合は、EUのRE指令という電気通信機器に対する法律に対応する必要があります。

制度
要求内容

Holoで利用している電波法関連の技術は、WifiやBluetoothです。
個人で持ち込んだり、FedExやDHL、EMSなどの国際郵便を利用する方もおられるようです。
ただし、通関時のリスクはゼロではないようです。
下記の「無線機器の販売・流通規制に係る海外動向」という資料もご参考にしてください。
無線機器の販売・流通規制に係る海外動向

関連記事

  1. 「Holoとの接続が切れました。」というメッセージが表示される(Wi-Fi設定画面)

  2. 「同期されていない構文が〇〇件あります。」というメッセージが表示される

  3. 「構文の同期に失敗しました。」というメッセージが表示される

  4. ●ロゴストロンL/Ti-22とパソコンを接続する

  5. 「予期せぬエラーが発生しました。」というメッセージが表示される(設定画面)

  6. ●機械が作動して、発信されていると言う感覚が全くないのですが、ランプなどで発信の有無が分かるサインはありますか?